2015年05月14日

「障害」



私の子供は生まれたときからお耳が聞こえません。

私がハッキリと自覚したのは、娘が2歳になる前の正月が明けて、「とんど」祭りのときでした。

高く積まれた竹が、バチバチ大きな音ではじける中、他の子供はそれを聞いてキャーキャー騒ぐのに、うちの娘はジーッと燃えさかる火を無言で見ていました。

「アー、この子はお耳が聞こえていないのだ。」



それから広島市の双葉の里にある、相談センターへ通うことになったのです。

通うことになって間がない頃、初めて同じように訓練に通っている子供に出会いました。

娘より一つ年上の、目がクリクリした可愛い男の子でした。



あれから40年近く経過して、兄弟のように訓練の時間をすごしたその男の子は、もう40過ぎのおじさんです。

ひょんなことで2日前、かわいい女の子を抱っこしている彼に出会いました。


走馬灯のようにさまざまなことを思い出している私です。


40歳過ぎの彼は、今でも昔のまま「セガワのおばちゃん」と呼び、私は「●●ちゃん」と呼びます。



 20150509113325.jpg



======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://www.tanpopokai.com
======================
posted by おせっかい おばさん at 14:55| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

「障害者雇用を本気で」

広島県中小企業家同友会の障害者問題委員会の副委員長をしています。

去る8月28日に広島県手をつなぐ育成会から数人のジョブ・ライフサポーターに来ていただき勉強会が開催されました。

 20141107102122.jpg

それをご縁に、障害者雇用を本気で考えてみようという企業が現れて、このたび企業とジョブ・ライフサポーターを繫げることになりました。

サポーターの人に企業訪問をしていただき、会社の考え方をヒアリングしていただき、工場内を見学していただきました。
  20141107111417.jpg  20141107111233.jpg  20141107110956.jpg

ここは高温の火を扱うので向かないと思うとか、ここは根気が必要だけれど繰り返す仕事なので就労が可能ではないかとか、工場長として本気で障害者雇用を考えておられる様子が伝わってきました。

こんな様子を傍で見ながら、改めて中小企業って暖かいと思いました。

大企業って従業員を歯車のひとつとして見てる気がします。そう感じたこと無いですか?

1000人の中の一人と、50人の中の一人はウエイトが違います。

大企業は法律が雇用率2パーセントだから人数を増やそう・・・と結構事務的です。

中小企業は法律は法律なんだけど、一人雇用する重さが違うので慎重ですが本気です。

サポーターはサポーターなりの角度からメモを取り、仕事の切り取りで、可能性を探っておられます。

うまくマッチングするとうれしいなあ。


======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://www.tanpopokai.com
======================
posted by おせっかい おばさん at 11:35| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

「広島に、ろう重複障害者施設の建設を」

娘から連絡が入って、

「広島に、ろうとその他の障害が重複している人のために施設を作ろうと頑張っている作業所があるの!応援してあげて!」

娘が大学入学で広島を離れ、卒業してもそのまま東京に就職をしたため、私は難聴の方と接点が無くなってもう20年くらい経過しています。

独立心は人一倍育ったとみえて、娘は愚痴ひとつ言うことなく東京でひとり暮らしをしています。

そんな娘からのお願い事ですから、「ハイ、喜んで。」の世界です。

このたびはじめて設立準備会として、役員就任予定者の顔合わせがありました。

評議員の皆様の顔をあわせもありましたが、私は長年ご無沙汰していたので、皆さま初めてお会いしました。

いつも思うことですが、ボランティアや地域のお役立ちを考えておられる人の表情がいかに穏やかで優しいかということです。


弁護士さんや税理士さんもおられましたが、とても素敵な笑顔でした。 086252.jpg


早く建物が建って、ろう重複障害の方が安心して福祉の恩恵を受けられますように!

======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://www.tanpopokai.com
======================
posted by おせっかい おばさん at 14:39| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

「障害年金」

最近、また障害年金の相談が続いています。

これまで「精神障害」に関してのものが多かったのですが、ここ最近は、市町の職員、年金事務所の対応に誠意を感じられなくて、憤りを感じた、あるいはそうまでしてもう年金請求はやめる的なところから、当事務所をお尋ねになられるケースが続いています。

私個人は、昔と比べたら官庁の対応もずいぶん親切になったと思いますが、体調が悪く心細い気持ちを察すると、まだ修行が足らないかも・・・。

真摯な気持ちで耳を傾けたいものです。

  016179.jpg


======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://www.tanpopokai.com
======================
posted by おせっかい おばさん at 15:54| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

障害年金は希望を取り戻す

私の娘は聴覚の障害等級2級です。

私の娘は、生まれた時からお耳は聞こえません。

幼いときに、社会福祉事務所で黒い障害者手帳の交付を受けました。

当時は、なんだか「障害者」という烙印を押されたような気持ちで、手帳の黒さが心に突き刺さり、娘がとても不憫になりました。

本来なら、「特別児童扶養手当」といって、障害児を育てる親に対し支給される手当をいただくことができましたが、なかなか申請する気持になれず、私たちが申請をしたのは娘が小学5年生のときでした。

それは、娘が20歳になったとき「障害基礎年金」に切り替わりました。

受給して思ったのですが、いただいたお金を、全部娘のために自由に使ってあげられて、始末することなく、いろんな体験をさせることができて、本当にありがたいなあと実感したのです。

社会のおかげで娘は成長させていただいたと感謝し、私は社会に恩返しできる人間になりたいと思いました。

同時に、障害年金制度は決して暗くて可愛そうな制度ではないと実感したのです。

希望を取り戻させてくれたと思います。

私が、信念を持って「障害年金だったらたんぽぽ会!」だと思う所以です。

029213.jpg

======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://www.tanpopokai.com
======================
posted by おせっかい おばさん at 11:50| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする

障害年金だったら 社会保険労務士法人たんぽぽ会

私は手話が使えません。

自分の娘が聴覚障害だというのに、手話が使えません。

小さい頃、どうしても口話で会話させたいというこだわりから、彼女は大学に入学するまで手話を知りませんでした。

「こだわり」と言うより、親のエゴかもしれません。

そのせいで、未だに私は手話が使えません。

030904.jpg

先日、新幹線のプラットホームで、トントンと肩をたたかれ、「永田町へ行きたいけれど何番線に乗ればいいのか」と、身振り手振りで聞かれました。

「アー、この人はお耳が聞こえないのだ・・・」と思いながら、私も身振り手振りで答えました。

心配なので、きちんと乗ることができたか確認するため、ホームで乗車するのを見送ったのです。その人が乗り際に手話で「有難う」とおっしゃったのです。

笑顔で見送ったのですが、「どう致しまして」を伝えることができませんでした。

娘に、「どういたしまして」という手話を教えてもらわなくちゃ!



======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://www.tanpopokai.com
======================
posted by おせっかい おばさん at 11:43| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする

寄り添う形のお役立ち…障害年金

10年以上前ですかね・・・?障子の穴からものが見える・・・感じだと当社をたずねてこられました。

ご本人の障害年金をお手伝いさせていただいてから、同じ障害の方の年金請求もよろしくとご紹介をいただいたAさん。

その後当社は社会保険労務士法人になって社名が変わりました。
にもかかわらず、いろんなところへ問い合わせをして当社をたずね当てて、10年ぶりに相談に来られたのです。

今度は妹さんの障害に関する相談でした。

他の社会保険労務士さんがついておられたのですが、それでも心配で当社に・・・ということでした。

社会保険労務士さんへ問い合わせをして何処まで進んでいるのか確認して、あともう少しのところまで来ていることを噛み砕いて説明し、安心していただきました。

私も、途中経過について報告する大切さを実感しました。

社会福祉事務所へ同行して、妹さん対応の現実と方法を一緒に確認させていただきました。ご親族として心配されていること、不安に思っておられること、知りたいと思ってもなかなか言い出しにくかったこと等を、寄り添う形で、代理で質問し直接の耳で聞いていただくことが今回の私の仕事です。

別れ際に「有難うございました。安心しました。」と深々と頭を下げられたのです。

一口に障害年金のお世話といっても、やるべき仕事は千差万別です。

裁定請求だけが仕事ではありません。

こんなことが実感できるのは、私の娘の障害を通じて実感したことです。

困ったら是非当社へご相談ください。

027297.jpg

======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://www.tanpopokai.com
======================
posted by おせっかい おばさん at 11:38| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

障害年金だったら 社会保険労務士法人たんぽぽ会

「何時までも子供だと思っていたら・・・・涙」

a00000530581.jpg


昨日私はスタッフと一緒に東京へ出張でした。

東京に住んでいる娘に、スタッフも一緒なんだから、はるばる広島から出かけていくので、お昼か夕食か一緒にしようよと連絡を入れました。

つれないもので、会議で抜けられないとの事。

その、つれない娘から、お昼時に次のメールが届きました。


Uさま
    いつも母がお世話になりありがとうございます。
   今回は更に腰痛で、ご迷惑をおかけすることになり本当に申し訳
   ございません。
    本来は出向いてお礼を申し上げるべきところ、メールにて失礼いたします。
   また東京にいらした時は、ごゆるりと探検してみてくださいね!
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。    瀬川奈美


広島へ帰って改めてメールの内容を読み返したのです。

37歳になるのですから、当たり前といえば当たり前ですが、重度の障害を持ちながら東京で一人がんばっています。

経済的にも、精神的にも、「自立」を思い、感涙でした。

======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://tanpopokai.com
======================
posted by おせっかい おばさん at 14:54| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする

障害年金だったら 社会保険労務士法人たんぽぽ会

社会保険労務士さんからの紹介で「障害年金」の申請のお手伝いをするはずでした。

でも、しばらく様子を見たいとの事です。

社会保険労務士さんが社会保険労務士さんを紹介して、事をすすめるということがお気に召さなかったようです。

でもね、

開業している社会保険労務士も、広島県内に700名からいるのです。

仕事のエリアも広くて、奥行きも深い仕事です。

なので、自然と得意分野があり、差別化を図ります。

当社は「障害年金」に強い社会保険労務士事務所です。

======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://tanpopokai.com
======================

posted by おせっかい おばさん at 14:50| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする

障害年金だったら 社会保険労務士法人たんぽぽ会

当方の基本的な仕事の請け方は、企業様の顧問です。

労使問題も、企業様の顧問としてできるだけ円満に折り合いを見つけることをモットーに仕事をしています。

なんだけれど・・・、

最近は飛び込みの労働者様から、直接労働問題の相談が入ることがあります。

基本的な方針に従うと、労働者の相談を専門的にされている社会保険労務試算を紹介させていただいています。

利益相反につながってはいけないので、基本的にそういう方針を取っています。


なんだけれど・・・、

何処へどう相談していいかわからない・・・、そんな感じで藁をも掴む気持で来社される相談者を見るとほっとけなくなってしまうのです。

自分でも持て余す性格で困ることもあるのですが・・・、ほっとけない!

ドライに切り捨てられない相談者を・・・、ほっとけない!

bne58-3.jpg
======================
  社会保険労務私法人 たんぽぽ会
    代表社員 瀬川徳子
  〒731-0112
  広島市安佐南区東原3丁目25-18
  TEL・082-874-8947
  FAX・082-874-3876
  メール・segawa@tanpopokai.com
  URL・http://tanpopokai.com
======================
posted by おせっかい おばさん at 14:47| Comment(0) | 障害年金 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。